【会場】名古屋・金山ブラジルコーヒー(https://tabelog.com/aichi/A2301/A230105/23000915)
【日時】2018年3月17日(土) 19:00open/19:30start
【料金】予約¥2,500(D別) 当日 未定
≪出演≫ Taiko Super Kicks / mei ehara / テト・ペッテンソン

※チケット予約は専用フォーム(https://reserva.be/jellyfish489)にて受付します
※入場は先着順となります

■Taiko Super Kicks
http://taikosuperkicks.com

伊藤暁里 (vocal,guitar)、樺山太地 (guitar)、大堀晃生 (bass,chorus)、こばやしのぞみ(drums)により結成。
東京都内を中心に活動中。
2014年8月、ミニアルバム『霊感』をダウンロード・フィジカル盤ともにリリース。2015年7月、FUJI ROCK FESTIVAL’15「ROOKIE A GO-GO」に出演。
2015年12月23日、ファーストアルバム『Many Shapes』をリリース。
2017年11月、初のワンマンライブ”KICKS”はソールド、2018年1月20日に渋谷WWWにて自主企画”オープニング・ナイト”を開催する。
そして、2月7日には新作アルバム『Fragment』をリリースする。

■mei ehara
http://eharamei.com

1991年愛知県生まれ。学生時代、自主映画のBGM制作のため宅録を始める。
その後、歌唱を入れた音楽制作に移行し、may.eという名義で、これまでに計5作の自主制作作品を発表。
Yogee New Waves、nakayaan(ミツメ)などのアルバムにゲストコーラスで参加。
音楽活動のほか、文藝誌「園」主宰、写真やデザインなどの制作活動も行う。
活動名をmei eharaと改め、2017年11月、カクバリズムより本格デビュー。

■テト・ペッテンソン
https://tetopettenson.tumblr.com

2011年に結成、名古屋を中心に活動中の女性5人組「ニューウェーブトイポップバンド」。

どこか懐かしさを感じるメロディーと、ピアニカ・鉄琴・リコーダーなどのアコースティックな楽器を用いた強気なアレンジで100人抜き。